アクセスカウンタ
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE

2017年06月23日

ありがとう![G.O.S.R.SU-の一言]

ありがとう![G.O.S.R.SU-の一言]

去年に次いでまた来て頂きました。
いつもお仲間同士でぶらっと、、
わずか3時間でもうアメリカ、しかも常夏の島。日本にはない開放感はたまらない。そして必ずGOSRで射撃を楽しんでお帰りだ。 年一回ココも含めて楽しむ!それが我々の活力源です。
ありがとうございました。

  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月22日

ナンバープレートを、、[G.O.S.R.SU-の一言]

ナンバープレートを、、[G.O.S.R.SU-の一言]

二人で仲良くナンバープレートを撃ちました!部屋に飾っていつまでもGOSRでの射撃を思い出に、仲良くお幸せにお暮らし下さい。
ありがとうございました。
  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月22日

大和撫子たち、、[G.O.S.R.SU-の一言]

大和撫子たち、、[G.O.S.R.SU-の一言]

写真の四人の女性の中の一人が、ある日突然無性に実銃射撃がしたくなったのだそうだ。その思いを仲間たちに相談したところ、「あんたがソンだけ言うなら私たちも付き合うわ」ということで全員がGOSRに来る事になったわけ、、う~ん、、ま、GOSRを選んだのは正解だったね。グアムは常夏の観光地だしその他のオプションも沢山あり楽しい島なのは間違いないからそれはそれで良かったね!
それにしても突然射撃を、、ね。
満足してくれましたか?
お仲間にも感謝だね。
ありがとうございました。
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月21日

函館からのお二人。[G.O.S.R.SU-の一言]

函館からのお二人。[G.O.S.R.SU-の一言]

「私はWAだから、往復送迎費とレンジ使用料兼保険負担を込み込みで50ドルね」「僕はCコースだから110ドルに送迎、レンジ使用兼保険負担で合計130ドルだね」と別々に支払う。
、、職場旅行で同僚同士がたまたま一緒に射撃に来たんだと思った。ところがどっこいご夫婦だった。
アメリカは旦那が財布の紐を握る。電気水道代から子どもの月謝から奥さんの化粧品代まで旦那が管理する。
どこの家庭でも大蔵省は(財務省)旦那だ。共働きなら奥さんは自分の給料を旦那に渡す。日本人の旦那はその点楽だと思う。月のコズカイもらって脳天気に⁈、、失礼!仕事に撃ち込め、、失礼!打ち込める。しかし家庭だって会社だって地方自治体だって国だって、いちばん大変な部署は財務に決まってる。金の管理ほど大変ことは無いのだから。
アメリカの旦那は、、アメリカに限らず大多数の国がそうである。
写真のご夫婦はたぶん共働きで、自分の給料から二人が暮らす必要経費をその都度折半するライフスタイルだと見た。最近の日本はそんなスタイルが多い。実はアメリカも従来型から二人で折半するスタイルがだんだんと増えているのだそうだ。大変な事は分かち合うのが良いのは、、当たり前田のクラッカーだい、、そうでしょう!
函館は五稜郭がある。
追い詰められた徳川の幕臣たちが最後まで新政府軍に抵抗した要塞を私はまだ見ていない。徳川家康がまだ浜松を治めていた若いころ、自分の領地をかすめて京に登る武田の大軍団に領主の面子を掛けて挑んで大敗北した三方ヶ原の戦いに幾多の戦死者を出したと言われる我が家の先祖たち、、、五稜郭は徳川家終焉の地である。
ありがとうございました。
いつまでと仲良くお幸せに!
ありがとうございました。  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月21日

社員旅行です[G.O.S.R.SU-の一言]

社員旅行です[G.O.S.R.SU-の一言]

ホテルから電話で、迎えに来てほしいからデキマスカ、、最初は英語であとから日本語だ。何となく日本語が外人ぽい、てっきりホテルのフロントからだと思って、お客さんが日本人なら直に話すから代わってほしいと言うとワタシがお客さんですという、、、
写真のパキスタン人のお客さんがその人だった。仲間を代表して予約の電話をしてくれたんだね。グアムはアメリカだからたぶん英語の方が分かりか早いからと思ってだとおもう。
ところがどっこい、GOSRの電話は二台とも最初から「もしもしGOSRです」だから、、私だってもう一台のカルロスも最初から日本語だ!
まるっきし日本にある射撃場と変わらない(笑)
ありがとうございました。
ところでホテルのお迎えは確か5人だったはずが、写真には6人写ってます。そうです同じ会社の同僚が偶然先に撃っていて帰りしなに一緒になったから、もう少し撃つといって先の同僚たちを帰してパキちゃんたちとまた一緒に撃ったわけ、、写真いちばん奥がそのお客さんです。
本当にありがとうございました。  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月20日

リピーターさん、、[G.O.S.R.SU-の一言]

リピーターさん、、[G.O.S.R.SU-の一言]

GOSRにはもう何回かな~、やっぱりココには通うよなあ~、、日本へ帰ってしばらくすると無性にGOSRが恋しくなるから、、、う~ん嬉しいな!
私も東京という大都会が大好きで、年に2回は行く。行ったら必ず通う店、食べ物屋だったり本屋だったりゴルフショップであったりが有る。
そんな場所に居るだけで実に気が休まる。普段の生活圏以外にそんな場所がある人は幸せだと思う。写真のお二人のそんな場所がGOSRだったとしたら嬉しいし、射撃屋冥利に尽きる。
今年もありがとうございました!

  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月20日

香港からまた来てくれた[G.O.S.R.SU-の一言]

香港からまた来てくれた[G.O.S.R.SU-の一言]

そう、新婚旅行ですと嬉しそうにうなずく。この世の春、人生の春、結婚は墓場の入口だなんて、いったいタレが言ったかバカたれが!結婚とは人生最大にして人類学上も最も崇高な行ないである。男と女が出会い、お互いを意識し合いやがて愛が生まれ、一つ屋根の下で暮らし、子を生み育み育て上げるのは人類学上でもなくてはならない行為だ。式なんて単なるセレモニーにすぎない。私も式は挙げてない、その前に子が先だった(笑)
いずれにしても子を生み育てる行為こそ人間という種の継続には欠かせない。だから独身なんて言わないで写真の二人みたいに結婚しょうよ!
ありがとうございました。
お幸せに!
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月19日

香港から、、[G.O.S.R.SU-の一言]

香港から、、[G.O.S.R.SU-の一言]

今はメルボルンに住んでいるけど、以前8年間東京に住んでいました。。日本人以上の発音で日本語を話すから信じられないと私はオヤジ顏だ。
中国人独特のアクセントを無くすために凄い勉強をしました。へぇ~そこまで完璧に母国語以外の言葉を習得出来るなんて素晴らしいよ。またまた感心するオヤジ。(なんせオヤジは、頑張る人が大好きだから)すると今はオーストラリアだから英語だね。日、中、英を自在に話すなんてその美貌といいマタハリ(第一大戦中ドイツフランスで暗躍したイギリスの二重スパイ)だね。あの重たいバレットをごらんのように軽々持ち上げる。
なかなか凄いお姉さんだ。
大謝謝!
  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月19日

南部14年式を[G.O.S.R.SU-の一言]

南部14年式を[G.O.S.R.SU-の一言]

射撃終ったけれど、、最後に南部14年式を見たいという。弾が無いからと言うまえに、すでにそんなのはホームページで確認していて銃だけでも見せてほしいと、、、り了解!
全員が固唾を呑んて見守るなかの御開帳と相成りました。うぉ~と、ため息というか感嘆の唸り声に一緒辺りが包まれる。これがあの名銃、南部14年式前期だ!さぁ~次から次へと写真撮影がはじまるのであります。
やっぱり知ってる人は知ってるんだね、、あの日アメリカには負けたけど、この銃が悪いんじゃないって知っている人は知ってるから、、
弾には、、じゃない!たまにはこうして外に出してやらないと可哀想だ。
お陰でありがとうございました。
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月18日

千葉市からの人、、[G.O.S.R.SU-の一言]

千葉市からの人、、[G.O.S.R.SU-の一言]

去年あのバレットを撃って、猛烈に感激して、絶対にまた撃ちに来るってずーっと思い続けていたす!
今日再び来れた事に仲間に感謝です。
そうか、、仲間が居て君が居るんだな。おじさんの若いころも、、丁度そんな歌が大ヒットしていた。船木一夫ってたぶん知らないね。「君たちが居て僕がいる」って歌の題名、、まてよ、、「君がいて僕がいる」だったかな?!う~ん、、「僕たちがいて君が居る」う~ん、、ところであの唄の船木一夫って歌手は元気なんだろうか?
50年以上前だって、要するに人は一人では生きられない。お互いさまの気持ちで支える合うのが大切だよって唄ってた。
仲間が居て君が居る。確かにそうだ。
良い仲間が居て君は幸せだね。
写真の仲間たち皆さん、ありがとうございました。  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月17日

こっちでも射撃訓練[G.O.S.R.SU-の一言]

こっちでも射撃訓練[G.O.S.R.SU-の一言]

第三レンジで本格的な射撃訓練しているから第二レンジの端では地元女性たちがピストル射撃をしている。それぞれの腰のホルスターには使い慣れたピストル。この訓練はGOSR非常勤のジーナが主催している。アメリカはピストルで開拓してきた歴史があり、ピストルの所持は当然認められ、自分を守る者は自分であるとの考え方が浸透している。得体の知れない隣人が自宅に土足で踏み込んできても「まぁまぁ話し合いで平和的に。」なんて言っている国の人間は、目の前で妻が殺され、年頃の娘が犯されても「平和的に。」と言い続けることが出来るのだろうか。
そもそもピストルは、ライフルと違って自分や愛するべき人を守る目的で作られた。男が出かけているとき、家庭は女性が守るとの強い意志の表れが、この訓練である。  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月17日

茨城から、、[G.O.S.R.SU-の一言]

茨城から、、[G.O.S.R.SU-の一言]

最近は茨城からのお客さんが多い。茨城と言えは、水戸!、、水戸黄門、征夷大将軍十五代徳川慶喜の生家、井伊大老暗殺の黒幕、、筑波大学、、そのぐらいしか浮かばないな~、でも水戸納豆は大好きだから、あの藁に包まれた水戸納豆には思い出がある。
浜松の広澤町(閑静な住宅街、浜松の山の手)その端に育った小学校の頃、子供会で夏休みに入るとなぜか水戸納豆を町内で売り歩く行事があった。
主に小学一年二年の低学年に、上級生が付き添いで朝早く「納豆~、みと納豆~」と大きな声で練り歩くのだ。
町内の住人もそんな子供たちを待っててくれるからよく売れた。
それでも売れ残すと最後は母親が全部買ってくれたから、我が家の夏の朝ご飯は決まって納豆掛けご飯だった。
納豆に生卵を混ぜた納豆ご飯は今でも大好物だ。最初は慣れないし恥ずかしいから、水戸納豆~って大声が出せない。すると付き添いの上級生が、いいかこうだよって見本をみせてくれる。
浜松は商業の町だからか、若い時の徳川家康が治めた将軍家のお膝元の町だからかは分からないが、昔はそんな行事があった。
茨城の青年たちだ!
ありがとうございました。  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月16日

沢山だ[G.O.S.R.SU-の一言]

沢山だ[G.O.S.R.SU-の一言]

大人16人にちびっ子が3人の大部隊で全員が射撃体験した。どっかの国みたいに、さぞ高価であろうミサイルをまるで花火のようにポンポン打ち上げる派手なパホーマンスを繰り返すより、この様な家族がいる日本は、やっぱりいざという時には違う。
でも「射撃はスポーツである」がGOSRのポリシー。楽しい射撃体験を一人でも多くの人に(僕ちゃんお嬢ちゃんも)味ってほしい。
撃ては変わるし撃てば納得する。
写真の皆さんの笑顔が大変良いね。
ありがとうございました!
  
Posted by G.O.S.R. at 12:00Comments(0)

2017年06月16日

射撃したその夜は[G.O.S.R.SU-の一言]

射撃したその夜は[G.O.S.R.SU-の一言]


BBQで盛り上がる。
私が前の晩に肉を付け込む。
毎年味が違うから、、それでもみんなは美味い美味いと言ってくれる。
確かにビールは旨い。
で、今回はレンジマスターTOONY君の火縄パホーマンスがあったから大受けだ。最後は各自が挑戦したが、飛び入りはさすがに銃を撃つようにはいかない。
  
Posted by G.O.S.R. at 10:05Comments(0)

2017年06月16日

木更津から、、[G.O.S.R.SU-の一言]

[G.O.S.R.SU-の一言]

毎年今頃、渡り鳥のように決まってGOSRに来てくれる若者たち。
良い女と良い男ばかりでしょう、、
地元の千葉で本格的なサバイバルゲームに打ち込んでいるだけに銃の扱いは見事だ。それぞれ好みの実銃をGOSRに預けていて年一回こうして実銃を撃ちに来ると言う訳。彼らならGOSRの第三レンジを自由に使えるしコッチも安心して見ていられる。
実銃の楽しさと怖さを充分に知り尽くしているから、彼らの射撃姿勢を観ていると実銃射撃の楽しさがコッチまで伝わってくる、、魅力ある男たちだ。
きっと彼らなりにこの島で至福の数日を過ごして帰って行ったと思う。私も彼らと会う来年を楽しみにしている。
友よさらば、、それぞれ元気で暮せ!
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月15日

凄いや、、[G.O.S.R.SU-の一言]

凄いや、、[G.O.S.R.SU-の一言]

予約のときテッキリ男のお客さんとばっかり思ってた。なんせロシアンコースとUSミリタリーコースだからね。手前のお嬢はUSミリタリーコースでいまベレッタM9のマガジンに弾込めの最中だ。してあっち側のお嬢はロシアンコースに挑戦だ。モイシンナガンのあの強烈な咆哮を受け止めることが出来るか、、USミリタリーのM1ガーランドの3006弾だって半端じゃない。大の男だって顔を顰めるんだから、、
お二人には参った、、おじさんは降参して白旗を揚げるよ。
事務所に入って来て、それぞれのコースの説明聞いてもケロッとして顔色一つ変えないんだもんな。究極の大和撫子が表われたんだよ。
しかし頼もしい限りですバイ!
日本も満更でもないや。
ありがとね!  
Posted by G.O.S.R. at 10:05Comments(0)

2017年06月15日

珍しい、、[G.O.S.R.SU-の一言]

珍しい、、[G.O.S.R.SU-の一言]

GOSRのお客さんは日本人がもちろん大半で、次いで中国、台湾、ロシアの順にお客さんが来てくれる。しかし今のグアムの観光客でもっとも多いという(それも定かではないが、、)韓国のお客さんはGOSRにはマレなのは確かだ。
写真の家族の旦那は子供のころオーストラリアに住んでいたとか、だからか英語がめっぽう上手い。母親と嫁と娘の四人でグアムは初めての旅行だという。
ところで、韓国は徴兵制がある数少なく国の一つだ。2年の兵役義務は韓国に生まれた男にとって結婚に次いで人生最大の行事らしい。二年間社会から隔離され厳しく軍隊教育を受ける。射撃は特に徹底的に仕込まれるのだそうだ。
陸続きのすぐ北にはあんな物騒な国があるから当然と言えば当然だ。だから韓国の男は社会に戻っても射撃にあまり興味を示さない。2年間イヤと言うほど散々撃たされたから、、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
以前グアムの観光局が、韓国向けの観光冊子にGOSRのスペースを入れてくれた。広告費がタダだから少しは協力したが、アレがもし宣伝費を出せと言われたら当然辞退していた。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」は、まったく確かだと分かっていましたから、、
ありがとうございました。

  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月14日

石川県から[G.O.S.R.SU-の一言]

石川県から[G.O.S.R.SU-の一言]

社員旅行で来たから、、実は社員旅行がグアムと決まったときから今日のこの日を、一日千秋の思いでした!
だから今日は最高な日なのです。
ありがとうございました。
やたらに来れるグアムでもないけれどまたの機会があったら是非来たい。  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月13日

新婚さん、、[G.O.S.R.SU-の一言]

新婚さん、、[G.O.S.R.SU-の一言]

もともとは名古屋生まれ名古屋育ちなんだけど今は仕事で静岡市に住んでいる。あそこは東京に近いからやっぱり地域別だと関東ですね。食べ物からフアッションまで名古屋辺りの中京圏とは少し違う。でも住み易いから静岡が好きです、、そうだね、、でも私が育った同じ静岡でも浜松となると、どっち付かずの、東京と名古屋の大都会に挟まれた、言ってみれば大国に挟まれた小国のような地域だった。
しかしその小国から戦後は名立たる世界的な企業が生まれた。ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワイ、、戦争であれだけ負けて、どの企業も戦前の財閥系大企業も横一線で再スタートがきれたからであって、小国で産まれた企業も智恵と創意工夫で勝ち上がることが出来たんだね。今の時代、日本全国何処も同じスピードで走っている気がする。昔程、地域差は無いから地域の特色もない、オールJAPANのような気がする。新婚さん、お幸せに!
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)

2017年06月13日

最近は多い[G.O.S.R.SU-の一言]

最近は多い[G.O.S.R.SU-の一言]

「GOSRは設備がキレイで、射撃場も広々として風通しが良い、可愛いワンちゃんたちも居て、だから私たちのような女性も射撃に親しむ事が出来るから嬉しい。もう一つの野外射撃場は最悪よね。レンジ自体が汚ないし暑いし蚊が多いし、何よりトイレが汚ない」
確かに最近は地元の女性シューターは年々増えている。銃屋のジャンも「女性客が増えたのはGOSRが彼女たちに人気と、ジーナの射撃講習も好評、このままだとますます女性シューターは増えそうだ。
  
Posted by G.O.S.R. at 10:00Comments(0)